トライアルサービス

HOME >> トライアルサービス >> 住民参加型ハザードマップ
トライアル終了

住民参加型ハザードマップ

日常・災害時等の地域の危険箇所情報等作成・共有ツール

  • 地域の危険箇所情報を簡単な操作で地図上に登録する事ができ、インターネット等を通して、地域住民への情報共有が可能です。
  • タッチパネル式モニター等を活用し、直感的な操作で地図上に情報を入力できます。
  • 実際の危険箇所等の写真を取り込むだけで、地図上に写真を表示できます。

利用イメージ

利用イメージ

GISとは、地理情報システム(Geographic Information Systems)の略称で、文字や数字、画像などを地図と結びつけて、コンピュータ上に再現し、位置や場所からさまざまな情報を統合したり、分析したり、分かりやすく地図表現したりすることができる仕組みであり、行政や市民生活やビジネスの現場で幅広く利用することが可能です。

概要ビデオ

「再生」ボタンを押すと、動画の再生が始まります。

ページの先頭へ
審査13-2503-1
Copyright (c) SMART HIKARI TOWN KUMAMOTO PROJECT All Rights Reserved.